【夜の帝王一族】クアラルンプール(再)

累計で980記事になった旧ブログ「アジアの尾根遺産」。

強制閉鎖になったら勿体ないし、投稿頂いた皆さまに申し訳ないので、新ブログに「記事も移転」したいのですが、それがそうもいかないのです。

記事をそのままコピペしてしまうと、「コピー・コンテンツ」とGoogleにみなされてしまい、サイトの評価も下がり、検索順位のペナルティも。

その回避方法として「部分引用」があります。

今回はテスト版として、個人的に思い出深い「クアラルンプール闇の帝王」の主要部をその部分引用の形式で書いてみます。

クアラルンプールの夜景

◎幸運な出会い

クアラルンプールのビーチクラブ付近で若い兄ちゃんが紹介してくれた、そのご老人が・・・

 

「どこへ行きたいんじゃ?###か?」

「私の未知のSPAに行きたいんです」と知っている健身中心を列挙したら、「他には無いぞ。ワシら以外はNoライセンスだから」。

エッ? ワシら? ライセンス?

「クアラルンプールのSPAは*****以外は同じオーナーじゃぞぃ。ワシは初代オーナーの下で働いて、もう15年じゃ」。

この親爺さんは系列全店の裏方として、輸入娘の労働査証手続きや役所・警察との折衝、尾根遺産の衛生管理などをしているそう。

親爺さんから聞いた情報をまとめますと、

  • ライセンスを持っているのはウチだけ。他の人にはもう新規発行はされない。やるなら非合法だから見つかると逮捕。
  • 1975年に初代がライセンスを取得した。今は2名の若いオーナーが経営。2人はいとこの関係。
  • 隣の市でも以前は4軒経営していたが、役所とライセンスでトラブルになり撤退した。
  • ビーチクラブをはじめJl.Ramlee沿いのBAR4軒も同経営。

クアラルンプールのビーチクラブ

こんなにいろいろご教示頂いたので、情報の謝礼を申し出るも、不要だと言って名刺までくれました。

「何かワシに聞きたいことがあったら、いつでも電話してきなさい」

私もナイトウォーカーの名刺を渡し、 どんなことをしているのか自己紹介したところ、

 「今度クアラルンプールに来たら電話しなさい。特別価格で遊ばせてやるぞぃ、フォッフォッフォ。」ですって。

これまで「AとBは系列店だ」とか「Cに行ったらDを紹介された」みたいな情報はありましたが、なんのことはない、ぜ~んぶ系列店、仲間だったのですね。

アジアの尾根遺産

◎管理人から補足

このご老人には以降、クアラルンプールに行くたび「表敬訪問」に伺って、情勢をご教示願っております。

ビーチ・クラブが移転、というかつてのスクープ?もご老人からの情報でした。


にほんブログ村

【クアラルンプールのSPA関連記事】

SPAのボッタくり?

SPA数軒が閉鎖に!

最新のクアラルンプール風俗情報をパッケージ

「オトコの夜遊びガイド」クアラルンプール編

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)