【道待娘】と命名したゲイランの思い出

私が記事内で“道待娘”と表記するのは、最近の読者様でもご承知かと存じます。

今回のリバイバル記事は2010年6月のシンガポール・ゲイラン

このとき初めて“道待娘”という私の造語が世に出たわけですが、なぜ造語にしたのか?

私の道待娘愛ゆえのこだわりがありました。

アジアナイトウォーカー誕生翌月の記事です。当時の2記事を削除して再編集しました。文中画像は実物道待娘です。(7年前ですが)

シンガポールのゲイラン地区
シンガポールのゲイラン地区

 

◎私だけでしょうか

いにしえの昔から現在まで、洋の東西を問わず存在する立ち☆ぼ。

誘惑光線を放つ服装で路傍に立っている尾根遺産と、すれ違うだけでなんとも表現できない甘酸っぱい感情が込み上げてくるのは私だけでしょうか。

眺めているだけでも、店舗型風俗とは異質のドキドキ感があります。独特の風情、とでも言いましょうか。

ゆえに私は「立ちん○」という語句が嫌いです。

言葉の響きに風情が感じられません。それに代わる表現として私が考えた造語が「道待娘」です。

 

◎道待娘の現状(2010年春)

彼女たちは常に迫害される運命にあります。

数年前まで多数生息していた、マカオ北京街の中華系・ロシア系道待娘は、度重なる取締で絶滅してしまいました。

そして昨春以降、シンガポール・ゲイランでも当局が日々巡回しています。道待娘の密度世界一だったゲイランに、かつての面影はありません。

それでもまだ、ゲイランの道待娘たちは懸命に生き残る術を模索しています。

ゲイラン道待娘

◎中国娘Cちゃん

写真の娘は、某ホテルの駐車場に隠れて営業していました。

皆さんが道待娘に対して抱くイメージは「暗い」とか「悲惨」かもしれませんが、彼女の天真爛漫さが、画像から少しでも伝わればと思います。

束の間の、一期一会の逢瀬ですが、ついこちらも笑顔になってしまうような後味爽快な娘でした。

シンガポールのゲイラン

◎中国娘Sちゃん

道待娘たちは、道ゆく男性にチュマ?とささやきます。

「(ホテルに)行く?」というようなニュアンスです。

小首を傾げながら、やや上目遣いに、誘うように、窺うように。

現地で経験しないとわからないでしょうが無性にそそられます!!

ゲイラン道待娘2

超美形のSちゃんです。

私が彼女をいたく気に入った理由は、その美貌も勿論ですが、彼女の「チュマ、チュマ」がメチャクチャ明るいんです。

例えるなら、TDLやUSJに行きたい4、5歳の子が両親に、「ねぇ、行こうよぉ! 連れてってよぉ!」とおねだりする時のように。

彼女に出会った時、私は昔のドラマのワンシーンを想起しました。

「東京ラブストーリー」の、有名な場面。

鈴木保奈美演じるヒロインが、織田裕二に向かって振り向きざまに「ねぇ、カンチ!セック○しよっ!!」と明るく言い放つ、あのシーン。

彼女の日常に蔓延しているはずの、暗い陰も背徳感も全く感じさせない、ありえないような無邪気さと微笑みから放たれた「チュマ!」に、中年オヤジは一発KOされてしまったのです。


にほんブログ村

【シンガポール夜遊び関連記事】

ゲイランでジカ熱発生!

ジョホールバル:その後の変化

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)