【金魚鉢の動画あり】ロンボク島のカラオケは

前回の続きで、ロンボク島での風俗開拓記を。

 

「ミスター、次はどこに?」

「レベルの高い尾根遺産がいるのは?」

「じゃあ、ディスコですね」

インドネシアのジモティが言う“ディスコ”とは、日本人のイメージする“クラブ”とは限りません。

バンドの生演奏があるBARとか、カラオケとか、音楽(洋風)が流れていて飲める夜遊びスポットをディスコと呼んでいるケースが過去にもありました。

「今夜は土曜だから、混んでいると思います」と彼。日曜ならそれほど混まないそう。

ロンボク島のカラオケ

 

◎スンギギの高級なカラオケ

到着したのは、ロンボクらしからぬ高級カラオケ「New Surya」。スンギギの中心部から南へ、そう遠くありません。

停まっているバイクが十数台、駐車場はほぼ満車。確かに土曜は混んでいるよう。建物正面の入口はライブバンドも入るPUBで、カラオケ入口は左奥に回り込みます。

ロンボク島のカラオケ2

「日本人客も来る?」と尋ねてみると、英語可のマネジャー氏いわく「たまに、タクシーに連れられて来ますよ」。

日本の曲も少しあるそうですが、問題は尾根遺産。英語が出来る尾根遺産も少しはいる、と。

こんなケースで店側の言う「少し」とは、多くの場合あいさつ程度で、コミュニケーションできるレベルではない、と考えるべきです。

ちなみに金魚鉢の尾根遺産は、スンダとジャワ。地元ササッはいないそう。

駐車場の様相から、結構な数の先客がいたはず。残り物?が10名ほどいたので、稼働数は30名以上いるのではと推測。

料金体系は、一般的なインドネシア形式で、部屋代が1時間75,000Rpで、最低3時間利用。娘の指名料も1時間75,000Rpで、最低3時間です。この2つで計45万。飲み物代は別途、チップも別途。

閉店後の連れ出しはお店として認めてはいないはずなので、そこは腕次第、尾根遺産次第。(予算次第?)

 

◎オプションつきマッサージ

疲れきった身体にムチ打って、到着した晩に3ケ所回り、すでに時刻は24時過ぎ。

ホテルに戻る道すがら、案内人が「今、通り過ぎたマッサージ店、オプションがあります」と。

Senggigi-massage

マッサージ店は「CHINTIA」といい、スンギギ中心部から南へ向かいます。画像の看板があり、外観は健全なサロンのよう。

スンギギのマッサージ

深夜24時過ぎにもかかわらず、看板の下で薄着の女性が2名、客引きで立っていました。そんな時間帯に、客引きをしていることからも、普通のマッサージ店でないことは明らかでしょう。

案内人いわく、基本マッサージ代は30万Rpほどで、オプションは尾根遺産と交渉次第、とのこと。

場所を覚えておいて、チャレンジは翌日にしました。

 

◎無念のとんぼ返り

しかし翌朝。前夜の転倒で捻挫した足首が悪化。まともに歩くこともできず。

さらに痛みが増すようなら、要:病院行きか。となるとロンボクではなくバリ島に戻ったほうがいい。前夜回った場所の撮影だけして無念の撤収。

「オトコの夜遊びガイド」ご購入者様のお話では、ビーチに近い辺りには複数の☆番マッサージ店があり、男ひとりで歩いていると、ホテルのガードマンが「マッサージはどうか」と煩かったそうです。

スンギギのメイン通り
スンギギのメイン通り

 

◎ジゴロはいても?

「地球の歩き方」のロンボク島のページに“ディスコにはジゴロが出没” とあったのがそもそも遠征を決意した理由だったのですが、スンギギのMAPに2軒あったディスコのうち、トロピカーナは数か月前にクローズしたと。

もう1軒のCRクラブは、地図の該当エリアを2往復したものの、看板も建物も発見できず。

「地球の歩き方」のMAP外にある、大きなハコが既述のMETZOともう1ケ所。しかし案内人いわく、援助目的のフィッシング娘はどちらにもいませんよ、と。

これは完全に私の見込み違いでした。

 

*この記事は2014年1月時点のものです


にほんブログ村

【ロンボク島の関連記事】

カラオケ併設のホテル置屋

カフェチェウェにいたスンバワ娘

緊急!ロンボクで年越しの皆さんへ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)