わたしが【犯人】ですか?

臨時更新です。

某サイトの管理者さんが、「カンボジアやプノンペンの情報を売る業者」から攻撃されているそうで、気になって記事を読んでみましたら、名指しされてはいませんがどうも私のこと???なのかと。

プノンペンの王宮

もちろん私はそのサイトを攻撃なんぞしておりません。

(と申しますか、読んでもいませんでした)

ですが森友問題の国会審議で安倍首相が「悪魔の証明」という表現を使ったように、やっていないことの証明、というのは事実上不可能だと思います。

「やっていません。信じてください」と申し上げるしかないわけです。

私と実際に会われたことのある読者様なら、IT系に弱い私にそんな真似はできないとお察しいただけるかと存じますが、Twitterは記事の自動更新通知にしか使えず、LINEもFacebookもしていない私です。

こういうジャンルのブログ等をしていれば、IT系に強い一部の一般人から「攻撃対象」になりやすいのは宿命みたいなものです。

私自身のわかりやすい例で申し上げますと、約1年前にはサーバー会社に通報されて移転のために膨大な労力とコストを要しました。

またサーバー移転後、wordpressの管理画面に5回にわたる不正アクセスも受けましたのは過去記事のとおりです。

今年になってからも、メールやコメントで「***に通報しておきました」とか「いずれ大変なことになる」とか、脅迫とも受け取れるものや私への悪意を感じさせるものが今も来ます。

読者の皆さまが不快にお感じになるかな?と考えてコメントは非承認にしましたが。

こういうジャンルのサイトを始める以上は「攻撃」を受ける覚悟もあってのことでしょうが、だからといって「犯人は利害関係者」だと決めつけられるものでしょうか?

ネットの世界には、直接の利害なぞ関係なく「攻撃」を楽しむ輩なんてゴマンといますよね?

「悪魔の証明」ではなく、私の無実を証明できる方法があるならば、ぜひご教示お願い申し上げます。


にほんブログ村

【サイト運営関連記事】

お知らせと、嘆き節と

不正アクセスでページが消えた

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)