ウドンターニーって、どうなの?

今回お届けいたしますのは、お馴染みWFR様のタイ/ウドンターニーの体験談です。

タイの水上市場

◎どんな街?

午前中にウドンターニーに到着し、チェックインは12時以降とのことで軽く街を散策したのですが、外国人は西洋人ばかりで観光客はおらず、時がゆったり流れる、いい雰囲気の街でした。

マッサージを受けて、パブでビール飲んでチェックインしたのですが、疲れていたので一眠りして、夕方から行動開始。

現地の風俗はビアバー、マッサージ、置屋があるようですが、飲んでから考えようとビアバーへ行くことにしました。

 

◎ビアバーで

beer-bar

ビアバー・エリアをうろついていたところ、あるバーで西洋人男性とタイ人女性のカップルに声をかけられ、面白そうなので一緒に飲むことにしました。

男性はスウェーデン人で、2年ぶりにタイへ来たとのことでした。

 働いて4日目の従姉妹がバーにいる、とのことで紹介してもらったところ、なかなか可愛くて面白いので、4人でディスコへ行こうという話になりました。

システムを確認したところ、ペイバー300B、ショート1,000B、ロング2,000B。昔のパタヤの価格レベルです。

安いので、ロングでOKということになり、4人でディスコへ行きました。

ディスコのDJブース

◎ライブハウスで想定外の

時間が早すぎてディスコが開いておらず、ライブハウスへ移動しました。

22時頃になると、地元民が大量にやってきて大盛り上がり。

日本ともフィリピンとも違った、独特の盛り上がり方でした。

一緒に踊っていたら、頭を金髪に染めてメガネをかけた若い兄ちゃんが、私の連れの女性と話したあと、私の方にやってきて話を始めました。

通訳してもらったところ、私のことが気に入ったので、一緒にホテルへ行きたいとのこと。

私にその趣味はないので、丁重にお断りしました。

結局24時まで飲んで、合計2,200バーツ(約7,000円)。

割り勘で支払いは半分だったので、安くつきました。

酔って帰ってそのまま寝てしまい、朝起きて1回済ませて帰って行きました。

ウドンターニーは観光地ではないだけに、のんびりした空気で、過ごしやすい街です。


にほんブログ村

◎管理人の感想

田舎といえど、そこはタイ、なんですね。

WFR様とは面識がありますが、失礼ながら「若いイケメン」ではありません。そのWFR様に声をかけてくるとは・・・・

しかも、連れの女性がいたのに??

【関連記事】

ビエンチャンの風俗は

ビエンチャン郊外のハンノイ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)