エアアジア、ジャカルタに続き成田⇔バリ島線も運休

今朝は残念なニュースを目にしました。

好調と伝えられていたエアアジア成田バリ島線が、来年1月14日以降は運休すると発表されました。

予約済のお客様にはメール連絡を始めているそうです。

エアアジア機体

◎堅調だったはず

同路線は2017年5月に週4便でスタートし、すぐにデイリー化したのは既報のとおり。

インドネシア・エアアジアXは運休の理由は明らかにしていません。

旅行業界の関係者によれば、バリ島へのパッケージ・ツアーなどで搭乗率も悪いようには見えなかったそうですが。

9月末で成田⇔ジャカルタの直行便も運休しましたよね。インドネシアとの間にLCCという選択肢が無くなるのは、歓迎できない傾向かと。

成田空港バニラエア

◎バニラ・エアも苦戦

一昨日をもって、バニラ・エアも成田⇔セブ島線を休止しました。

タイ、マレーシア、インドネシアに続き、フィリピンも訪日査証要件が緩和されて、観光客は増加中のはずなのに。

過去記事のとおり、JALマニラ羽田をデイリー就航させるくらいですから。

詳しい方の話では、バニラの成田⇔セブ島線、採算ラインとなる搭乗率は85%なのに対し、現状は80%ほどだと。

80%なら悪くないように素人目には映りますが、このわずか数%の差がLCCの場合、路線の存続に大きく影響するそうです。

ホーチミンからも撤退してしまったバニラ・エア、同じANA系列のピーチと来年には統合されます。

このピーチは日本のLCCのなかでは最も利益を上げているのですが、搭乗率採算ラインは74%なのだそう。

一方、長距離路線が多いバニラエアは80%でも路線継続できないわけですね。

この厳しいLCC業界に、2020年にはJALも中距離路線で参入してくる予定ですが、どうなりますやら。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

【エアライン関連の記事】

今度こそ?シェムリアップ⇔成田の直行便

JALがマニラ⇔羽田をデイリー就航!

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)