ホーチミンでも、また置屋が危機に?

オトコの夜遊びガイド「ホーチミン編」のご購入者様から、気になる情報が・・・

ホーチミンのアオザイ娘

一部の置屋(床屋)が、突然休業したみたいだ、と。

そして因果関係は不明ですが、休業の直前に某ブログが置屋の名称・住所・連絡先をネット公開したからではないか? と。

ちなみに2月中旬に再調査に赴いたときは全店、普通に営業していました。

◎推測

古くからの読者様はご存じのとおり、当ブログではホーチミンの置屋に関して、名称や住所は非公開としております。

実は以前、同じ地区のSPA偽装置屋が3軒も、一斉にクローズしたことがありました。(画像はその1軒)

ホーチミンの閉店した置屋

そのときも、別の某ブログでその3軒の店舗画像や名刺画像を公開していました。だから今回も? という推測になるわけです。

 

◎特殊事情

ベトナムの公安は、日本語のネット情報もチェックしている、という噂も前からありますが、それよりも私は、当局に【通報】している日本人がいるのでは? と感じております。

それは例えば以前、旧ブログに時々出現した「正義の味方」を自認しているかのようなアンチ風俗派の誰か、かもしれません。

あるいはかつてのシンガポールの如く、(道待娘の取締りを警察に要請したのが、置屋の経営者たちだったように)ホーチミン夜遊びの他ジャンルの関係者が競合潰しを意図しているのかもしれません。

もちろんすべてが推測の範囲を出ません。

でもバンコクのように、風俗の存在がほとんど公認状態の国と同じ感覚でベトナムの風俗情報を取り扱ってはいけない、というのが私のスタンスです。


にほんブログ村

【ホーチミンの床屋関連記事】

ホーチミンの床屋、また閉鎖に

また1軒、閉鎖した模様

2016年11月の床屋レポート

ブログ非公開の風俗情報が「てんこ盛り」です。

オトコの夜遊びガイド「ホーチミン編」

Pocket

ホーチミンでも、また置屋が危機に?」への8件のフィードバック

  1. >ベトナムの公安は、日本語のネット情報もチェックしている、という噂も前>からありますが

    海外遊び人の一人ですが上記の事当たり前ですよ
    中国もインドネシア政府もそうです
    外国人が自国に売春に来て政府がそのまま黙ってみてるハズがないです

    たとえ日本語であれネットで場所を公表するのは場をつぶすのと同じことです
    いいかっこうして自慢話する日本人が多すぎです

    1. 読者の一人様、コメントありがとうございます。

      黙って見ているかどうか、はお国によりますよね?

      シンガポールは置屋を公認はしていても、
      基本スタンスは厳しい部類。
      タイは合法ではないものの、基本は黙認。

      インドネシアは、イスラムの風紀上、
      ネット上の性的表現には敏感だとは思いますが、
      風俗営業の取り締まりまでは積極的ではないように思います。

      アホック知事の今後の動向には要注意ですが。

  2. 何か起こると自分のやってることは触れず毎回他人のせいにする姿勢はどうなんでしょうか
    貴殿のこのブログも無許可で女性の画像を使ったり法に触れる内容だったりしますよね

    1. なんだかなあ様

      法に触れる内容・・・というのは買春行為のことですかね?
      ご批判はごもっともですが、それを自主規制していたら、
      このブログ自体が成り立ちませんので。

  3. 私も同感です。ネットによく晒すなあと思います。サイゴンに駐在してますがわさわざ無料で公開する理由がわかりません。無料ブログで公開すると、はっきり申し上げて情報にはびた一文出せぬ貧乏人が集まります。調べる時間があればバイトでもしたら?といいたくなります。有料で購入している人間は元を取りたいので不用意に公開することはありえないですが、目立ちたい人はその様な行為をするのでしょう。

    1. サイゴンマン様、コメントありがとうございます。

      せっかく賛同のコメントを頂戴しましたのに、
      承認(公開)が遅くなりまして誠に申し訳ございませんでした。
      諸般の事情で1日半、PCを開けずにおりました・・・・(涙

      目立ちたい、という理由もあるのかもしれませんが、他にも
      アクセス数を増やしたい(ひいては広告収入を増やしたい)とか、
      読者から感謝の言葉をもらいたいとか、
      それぞれの事情、思惑があるのでしょう。

      しかし、ことベトナムに関しては配慮が欲しいと思いますね。

  4. このサイトのことか
    (リンク削除)

    てかあんたブログ6年もやってんのになんでこの新参のブログの方が検索順位上なんだ?

    1. 汚いおっさん様

      リンクしてしまうと向こうを利することになるため
      アドレスを削除させて頂きました。
      諸事情ご理解賜りますようお願い申し上げます。

      検索順位については、長くやっているからといって
      上位になるような単純なものではないはずです。

      私もそれほど詳しいわけではありませんが、
      Google(Yahooも一緒)の評価は多項目にわたると聞きます。

      確か昨年だったか、Googleは「地域性」を加味した
      検索結果を表示する仕組みになったはずです。

      つまり、このサイトのようにアジア各地のトピックがあるものより、
      ベトナムならベトナムに特化したサイトのほうが、
      ベトナム関連の検索ワードで検索した場合は
      高く評価されるもの、と私は理解しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)