ロンボク島のカフェチェウェにいたスンバワ娘

前回の続きで、4年前のロンボク島風俗開拓記です。

ロンボク島の少女

*翌朝、撮影に再訪した際、近くにいた子供らが外人オヤジに気後れもせずニコニコ寄ってきて「Kami, foto」(私たちを撮って!)と。ロンボク島のササッ人って、こんな風貌です

 

◎路地の奥にあったカフェ・チェウェ

 

置屋ホテルのレベルはそう悪くはなかったものの、1回戦50万も出すほどとは感じられず、もっと安いローカル御用達の夜遊び場に連れて行くよう、ウェイターの彼に依頼。

いわく「20万RpでOKですが、レベルは落ちます」と。

前回記事のCAROLINAホテルから50mほど南に画像の「変形十字路」があります。

ロンボク島のカフェ

ここを右に曲がります。一見、行き止まりに見えます。

ロンボク島のカフェ2

しかし路地の奥まで進みますと、左に折れる細道があります。バイク1台が通れるくらいの細さです。

折れてすぐまた右に、道なりに折れると10mほど先の左側にカフェ・チェウェがあります。中庭のようなスペースがありますので、普通の民家ではないとわかります。

こんな路地の奥の奥にあるのですから、一介の旅行者が発見することは不可能。規模はバリ島のパダンガラやアサマンをもっと小さくした程度、20m四方くらいでしょうか。

カラオケのモニターがあって、その付近だけ明るく、スペース中央に組まれた矢倉?の暗闇に座る、数名の客と数名の尾根遺産。

指名されていない尾根遺産たちはみな、壁際で携帯いじり。

インドネシアのCafe Cewek ですから、当然のことながら暗くて顔もろくに判別つきません。しかし少なくとも、バリ島ダナウテンペのような【お化け屋敷】ではありません。

 

◎スンバワ尾根遺産はレア?

 

モニター前の、壊れかけた椅子に座らされ、まずウェイターの彼が連れてきたのは、愛想の良さげな巨乳メタボちゃん。

「ゴメン、細くて小さい尾根遺産、頼むよ」

で、次に登場したのが自称19歳。そこそこカワイイ。

「キミはササッの人?」

「いいえ、スンバワよ」

スンバワ島はロンボク島の東隣。空港もあるにはあれど、欠航が頻繁(乗客が少ないと飛ばない)だという、それなりに秘境です。

彼女いわく、このカフェで働く尾根遺産は10名。彼女ともう一人がスンバワで、他はササッ人だと。これは貴重なスンバワ娘との対戦チャンス!

でも尾根遺産、私の質問にひとつ答える都度、すぐに携帯イジりを再開します。なんとかコミュニケーションを、と頑張ったものの、15分ほどで挫折。

そのうえ早口でヒアリング困難。「トロン スカリ ラギ」(もう一度言って)「トロン プランプラン」(ゆっくりと)と何度お願いしてもダメ。

コイツは絶対ハズレだ!!と確信。私のジュース2本、娘とガイド各1本、娘のタバコ1箱、しめて5万Rpを払って退散しました。

(つづく)

 

*この記事は2014年1月のものです


にほんブログ村

【その他インドネシア】カテゴリーの記事

カラワンのカフェ・チェウェ

普通の床屋で誘われて

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)