世界の歓楽街TOP10は何処?ツッコミどころも

前回のリバイバル記事はドイツ風俗でした。

文章だけでは、雰囲気とか伝わりにくいなぁ~と思って、YouTubeを探してみたらTop 10 Red Light Areas in Worldという興味深い動画がありました。

image-red-light

ドイツ風俗の雰囲気も感じて頂けます。

 

◎トップ10の面々は

動画作者の独断によるTOP10なんですが、へぇ~ もあれば ??? もあります。その顔ぶれは以下のとおり。

1 アムステルダム(オランダ)

2 アントワープ(ベルギー)

3 ソイ・カウボーイ(バンコク、タイ)

4 ハンブルグ(ドイツ)  

5 フランクフルト(ドイツ)

6 ラスベガス(アメリカ)

7 モンマルトル(パリ、フランス)

8 歌舞伎町(日本)

9 ゲイラン(シンガポール) 

10 パース(オーストラリア) 

 

◎ツッコミどころ?

 

動画作者はそれほど世界的な風俗事情に精通していないような印象です。

シンガポールのゲイランについて、BARからピックアップして近場のホテルへ、なんて解説していますから。

どこの話よ、それ???画像は道待娘のものなのに。

4位のハンブルグについて「ヨーロッパ最大の赤線地帯」としていながらなんで4位なのか。アントワープはなぜ2位なのか。納得できる解説もありません。

ブラジルは圏外なの?とかランキングに納得できない人も多いかと。

苦笑してしまったのは豪:パース。

料金が明朗、という解説で21分120豪$、36分155豪$とか。

この1分刻みは何なの?

解説はともかく、ビジュアル的にはお国柄の違いも感じられて楽しめました。

 


にほんブログ村

【世界のセクシートピックス】

ミス・インターナショナルでインドネシア代表が栄冠に!

ブルネイ:風俗不毛国家にも抜け道はあった

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)