最近のシアヌークビルは

カンボジアでは貴重なビーチ・リゾート地がシアヌークビルです。

ここ数年は中華系資本が次々と投入されて、以前の面影がすっかりなくなった、とも聞いていました。

今回はお馴染みWFR様が、シハヌークビルとクアラルンプールの現況をかいつまんでレポートしてくださいました。

カンボジアのシアヌークビル

◎シアヌークビルの今

基本的には中国人の街なので、サウナが乱立していますが、潜入調査は行っていません。

・バービア

シアヌークビル・スクエアは閉鎖済。

ビクトリービルの場所確認に行ったものの、発見できず。

・置屋ブルーマウンテン

昼から一部営業しているが、メインは夜。

1回30ドル。呼び込みが結構しつこい。

・サウナ

White Sands Hotelに至尊桑掌というサウナがあり、15時頃行ってみたところ、施術師は2名のみ。

普通198、モデル229。夜は15名程度出勤する、とのこと。

カンボジアの女性画像

◎クアラルンプール

・SPA

ジェネシスSPAのみ訪問。24時頃で10名程度。

尾根遺産はベトナムとインドネシア、228RM、45分。

中国は298RM、60分。レベルは以前より低下した印象。

・ビーチクラブ

入場料が55RM、女性は多国籍。

ベトナム、ミャンマー、カンボジア、インドネシア。

言い値はショートで500RM、ロング1,000RM。

・タイクラプ

入場料42RM。

ベトナム人7割、その他カンボジア等。

言い値はショートが500RM、ロング800RM。

結構ドリンク攻撃が激しい。

 

◎管理人から

そうですか、シアヌークビルはサウナが乱立ですかぁ。

至尊桑掌って、同名の店がマカオにもありましたっけ。

アングラな置屋よりも、システマティックな中華系サウナ(SPA)の方が、ビギナーには遊びやすいかもしれませんね。

エア・アジアがクアラルンプール⇔シアヌークビルを飛ばすようになったので、訪れやすくはなったと思います。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

【カンボジア関連のページ】

やはり幻?シェムリアップ⇔成田の直行便

オトコの夜遊びガイド:シェムリアップ編

オトコの夜遊びガイド:プノンペン編

Pocket

最近のシアヌークビルは」への2件のフィードバック

  1. ご無沙汰しております。KLのタイクラブ、開いているのですね。昨年4月に行った際には閉まっていてビーチクラブ一択でした。その時のベトナム孃は言い値400で250まで値切りました。ショートでしたのですぐ帰っちゃいました。KLも為替が下がっていて出稼ぎには旨みがないようです。

    1. モンキー様、コメントありがとうございます。

      ご指摘のとおりクアラルンプールは出稼ぎの旨味が少ないので、SPAも要員確保に苦労していて、それが閉鎖にもつながっているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)