緊急!チカランで一斉摘発、店舗閉鎖

臨時更新です!

ジャカルタ東部の工業団地に、近日中にご出張予定の皆さま。

これまで当局の風俗摘発とは無縁に思えた、チカランのカラオケ店などに一斉捜査が入りました!

リッポー・チカランのなかでも銀座?歌舞伎町?的な場所、ルコ・タムリン。

当局が店舗入り口を次々と「封鎖」していく様子が、You Tubeにもアップされていました。

◎閉鎖店舗は

動画のなかで、店名が確認できたのは以下のとおりです。

SOYANG GANG, Mulia, MONARIZA, V2, Butterfly

いずれもカラオケ店ですね。新聞記事の画像では Venus も。

ただ今朝のジャカルタ新聞によれば、「娯楽施設19店を閉鎖した」とありましたから、ルコ・タムリンだけではないかもしれませんし、カラオケ以外の業態も?

動画のなかで1ケ所、ホテルも閉鎖されていました。

チカランのホテル

今年、チカラン再訪した際にルコ・タムリンをぐるりと回っていて、以前カラオケだった場所がホテルになっていて「へぇ~~」と思ったのを思いだしました。

ホテルというハコを利用した風俗だったのでしょうか?

チカランのカラオケ入口

◎懸念される余波

これまでホーチミンなど、方々の「摘発」を当サイトで報じて参りましたが、チカランという場所はちょっと意外でした。

かつてジャカルタで、当局の締めつけが厳しくなった時期は、摘発を免れた他店でも、ショータイムでダンサーが脱がなくなったり等、影響が尾を引きましたよね。

チカランも当面の間、営業自粛などの動きがあると推測します。SPAなど他業態にも影響が出る可能性も否定できません。

さらに詳しいことがわかり次第、この記事に追記等いたします。

YN様、ご多忙ななか、画像をありがとうございました。

≪追記:16時≫

YN様によりますと、動画にあった10/9の摘発対象になった7店とは、Genesis, Monalisa, Soyang gang, Mulia, Butterfly, V2, Holywood だそうです。

また最終的に19店もが閉鎖対象になり、今日はカラオケ経営者による小規模デモもあったとのことです。

≪追記:18時≫

カラオケ店は全滅ではなく、強制閉店以外の店は、外の電気を消して営業しているようです。

またルコ・タムリン内のSPAは堂々と営業しているとのこと。

≪追記:21時≫

現地の詳しい情報をお寄せ頂きましたので、別記事にいたします。

≪追記:10/14≫

早くも営業再開したようです。別記事にいたします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

【チカラン関連の記事】

カリジョドの尾根遺産たちがチカランで道待娘に

夜遊びガイド「チカラン&ブカシ編」改訂しました

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)