2018年、いつ何処へ遠征するか

営業担当者が来年のカレンダーを持って挨拶に回る季節になりました。ペラペラとめくりながら、連休など確認して南の島に思いを馳せているのは私だけ?

calendar-2018

2018年8月18日から9月2日の日程で、ジャカルタとパレンバンでアジア大会が開催。昼はサッカー観戦、夜は・・・なんて夢想も。

例年よりちょっと早めですが、2018年の「夜遊び注意日」東南アジア版を。

 

・旧正月(春節)

2月15日~2月21日。

国によって、連休にならないこともありますが、とにかくこの時期は航空券が取りにくいし、すでにLCCはかなり高値になっています。

ベトナムのテトは2月15日~20日までです。

日本は2/10~12日が3連休なので、少しズレています。

 

・ニュピ(バリ島)

3月17日。インドネシア全体が祭日ですが、影響大なのはバリ島に限られます。空港は閉鎖、バリ島全体が外出禁止です。電気や火の使用も原則禁止です。

ちょうど土日にあたるので要注意です。

バリ島の夕暮れ

・GOOD FRIDAY(聖週間、フィリピン)

ホリー・ウィークのなかでも3月30日(金)はタクシーやジプニーも台数が激減します。

 

・ソンクラン(タイ)

4月13日~15日。水に濡れたTシャツにエロさを感じる人にはたまらないイベントですよね。

ミャンマーの水祭りは4月13日~16日、カンボジア正月は4月14日~16日です。

 

・ラマダン(断食、インドネシア)

5月16日からスタート。中小の風俗店は期間を通して休業に。大手も2017年は最初の3日間は休業でした。

ということは、断食前の小遣い稼ぎで、ちょうど日本のゴールデンウイークあたりは悪徳警官に注意が必要になるでしょう。

ラマダン明けの祭日、イドゥル・フィトリは6月15日から19日です。大手もこの期間は昨年同様、クローズかと。

断食期間中は、イスラム色の薄いバリ島がおすすめなんですが、、、その頃にはアグン山も落ち着いていることを願っております。

(イドゥル・フィトリは、出稼ぎ嬢が里帰りするのでバリ島といえどもオススメできません)

 

・犠牲祭(インドネシア)

イドゥル・アドハは8月22日です。

 

・プチュンバン(カンボジア)

カンボジアのお盆、2017年は9月でしたが2018年は10月8日~10日です。

日本は10月6日~8日が3連休。プチュンバンの数日前から帰省ラッシュなので要注意です。


にほんブログ村

【断食期間の関連記事】

また断食の時期になりました

悪徳警官のその後

Pocket

2018年、いつ何処へ遠征するか」への8件のフィードバック

  1. 管理人さんも今年から海外女遊びやめたらいかがすか?
    いい中高年がみっともないですよ、60でしょ、60

    1. はぁ?

      60,60って強調してますけど、
      来年でもまだ、四捨五入して50歳なんですけどね、私。

      >いい中高年がみっともない

      この点については、いつか触れようと思っていたのですが
      日本では社会全体が老人の性欲・その処理について、
      これまで正面から向き合ってこなかったと思います。

      でも、あるものはあるわけで、それを「みっともない」とする価値観は
      そろそろ過去のものになる、と私は考えています。

  2. ウォーカーさんは30代後半か40代前半だといってました。
    プノンペンの日系のお店の店主が。
    結構若いんですね。

    1. 川の主つり様、わざわざのコメントありがとうございます。

      >30代後半か40代前半

      それはいくら何でも・・・(笑

      四捨五入して50歳の頃からアジアナイトウォーカーを名乗り始めて、
      8年経過した今もまだ、四捨五入して50歳です。

  3. >日本では社会全体が老人の性欲・その処理について、
    これまで正面から向き合ってこなかったと思います。

    でも、あるものはあるわけで、それを「みっともない」とする価値観は
    そろそろ過去のものになる、と私は考えています。

    と、私も思いますね。若い人が性欲処理をしていればいいというものでもないでしょう。話の次元は違いますが、障害者の性の問題にもつながります。

    そう考えると、海外で女の子と時におしゃべり、時に一緒に酒を飲んだりしながら連れ出すというのは、特に年齢を経た人にはそう悪くない精神のトレーニングになるかもです。

    1. ヒックマン様

      ご同意いただけて嬉しく存じます。

      障害者の性についても実は以前から考えていまして、
      健常者と同様、東南アジアで遊んでみたい!という願望を
      お持ちの障害者だって、きっといるはずだと。

      私がアテンドして、障害者のためのアジア夜遊びツアーを、
      とか考えたんですけど、資格の無い私が
      ブログで公募をかけると、法律に触れるおそれがあるんですよね。

      現状、ボランティアでそこまでするほど余裕はないですし。

  4. このブログ見ておいて非難する人って・・・w

    参考にさせて頂きますw
    私も管理人さんに年齢近いのだろうと思いますw

    1. 翔 様、コメントありがとうございます。

      年齢の近い読者様から応援いただけて嬉しく存じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)