2019ラマダンのジャカルタはどうなる?

まもなく今年もまた断食期間(ラマダン)になります。

ラマダンの前は悪徳警官が以前のように、外国人に難癖をつけて小遣い(ノルマ?)稼ぎをする可能性が高くなると考えられます。

この時期にジャカルタ入りをされる皆さま、現地にご駐在の皆さま、どうかお気を付けください。

*悪徳警官対策については、記事の末尾にいくつかリンクを貼っておきます。

モスク

さて、お馴染み磯仁様から最新のジャカルタ情報をいただきました。

 

◎ロイヤル・マス

ラマダンに伴い5月3日から6月8日までお店は休みになるそうです。

但し、田舎には帰らずジャカルタに留まる娘もいるので、要望があればホテルへデリバリーが可能だそうです。

サブマネージャーさんからアジアナイトウォーカーさんに伝えて欲しいとのお話しでした。

ちなみに現在は300,000Rp に値上がりしておりました。

また、以前レポートしたチャイナとインドネシアのハーフのお姉さんは既にお店を辞めています。日本人に人気だったYuriも先週辞めたそうです。

代わりに昔、お世話になった娘が戻って来たり、若い新人も入店していました。

 

◎他店の情報

置屋Bは5月4日から6月7日が休みだそうですが、先のroyal masとは若干ズレていますので、実際にラマダンが発令される迄は日程には余裕を持って見ていた方が良いかと思います。

こちらのお店も内装や、マネージャーが2ケ月前に変わってから、お店のシステムがかなり変わっていました。例えば娘をはべらせて飲んだだけでは上の部屋に行くのと同じ料金がチャージされたりと。

また、DJブースはステージになって、お客のカラオケで盛り上っておりましたね。

サリアユなどコタ・インダー界隈のお店は健在でした。star moonもプロモーション継続で頑張っていました。

他に色々とかなり変化が見られるものも有りましたが、先ずはこの辺で。

 

◎管理人から

磯仁様、情報のアップデート御礼申し上げます。

そうですか、ロイヤル・マスのドS嬢は辞めてしまいましたか。

私はその技を味わう機会はありませんでしたが、お世話になった(?)同朋も多いことでしょう。

そしてとうとう30万になりましたか。それでもインドネシア全体の賃金上昇や他風俗店の値上がりを考えれば、やむなしでしょうか。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

【ジャカルタの悪徳警官関連記事】

黄金週間は悪徳警官に要注意!

またも悪徳警官のレポート【注意】

緊急!夜の街で悪徳警官に遭遇しました

Pocket

2019ラマダンのジャカルタはどうなる?」への2件のフィードバック

  1. 17日の大統領選挙以後の動きも気になりますねぇ。
    ジョコウィが負けたら、また利権と不正が渦巻く混沌としたインドネシアになりそうで、悪徳警官たちも大発生しそうですね。

    1. だるまわんさ様、いつも情報ありがとうございます。

      左派でも右派でも、ムスリムでもクリスチャンでも構いませんが、
      悪徳警官が増えることと、風俗を取り締まるのは勘弁してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)