カテゴリー別アーカイブ: ホーチミン

【ホーチミン】偽装置屋にシー・ユー・アゲイン

ホーチミンをはじめ、東南アジア各地の夜遊びレポートをお寄せ下さったD様が今春、日本に帰任されました。

しかしベトナムの風が余程、心地よかったのでしょう。今夏再び、ホーチミンの地を踏まれ、SPA偽装置屋に行かれたそうです。

ベトナム国旗

続きを読む 【ホーチミン】偽装置屋にシー・ユー・アゲイン

【ホーチミン】またもセクシー系レストランが摘発される

臨時更新です。またしてもホーチミンで、レストラン形態の風俗店が摘発されたと報道されました。

ホーチミンのヘム

その店の場所が、日本人街の一角タイバンルンだったことに少々驚きました。

ヘム(画像)もあるのでホーチミンに遠征するたび、必ずと言っていいほど訪れる場所なのに、存在に気が付けなかったなんて。

そういえば以前、同様にレストラン摘発のニュースを取り上げた記事でも、場所はレライ通りでしたね。

 

続きを読む 【ホーチミン】またもセクシー系レストランが摘発される

【ホーチミン】偽装置屋で予期せぬ再会

今回は半年ほど前の、ベトナム夜遊びのお話しを。

皆さまから立て続けにホーチミン風俗体験談を頂戴していた時期だったので、「そのうちに」と思いながらUPを失念しておりました。

ベトナムのキュートな女性

続きを読む 【ホーチミン】偽装置屋で予期せぬ再会

【ホーチミン】ジモティ用ファッション・ヘルスは良コスパ

先だって超:強行日程でホーチミンに立ち寄りました。

今回の主目的はベトナム男性たち御用達の風俗エリア。D様からの情報を自らの身体で確認しようかと。

ベトナムの伝統衣装

続きを読む 【ホーチミン】ジモティ用ファッション・ヘルスは良コスパ

【ビキニ航空】Vietjetが関空⇔ホーチミン線も就航

先月の初め、ビキニ・エアラインことVietjet-airが11月8日から、関空⇔ハノイ線のデイリー運航を始める、という記事を書きました。

その記事内で「ホーチミンと日本の各都市を結ぶ路線も検討中」という女性CEOの発言を紹介しましたが、さすがと申すべきか有言実行で、関空⇔ホーチミンのデイリー運行も12月14日から始めると発表されました。

Vietjet-Air-Vietnam

dailystarの記事はこちら。

続きを読む 【ビキニ航空】Vietjetが関空⇔ホーチミン線も就航

【セクシー系?なエアライン】Vietjet頑張れ!!

数あるエアラインのなかでもイロモノ、なんでしょうか。

ベトナムのLCCベトジェット(Vietjet-air)が11月8日から、関空⇔ハノイ線のデイリー運航を始めることが決まりました。

Vietjet-Air-Vietnam

dailystarの記事はこちら。

 

◎ベトジェットって

ネット検索すると“bikini-air”と方々で呼ばれているベトジェット。

続きを読む 【セクシー系?なエアライン】Vietjet頑張れ!!

【ホーチミン風俗】ビアオムが次々に摘発くらう

臨時更新です。ベトナム・ホーチミンで、大々的な風俗店の摘発が行われました。当局が突入したビアオムは10軒にのぼるそうです。

ホーチミンの一般女性

(画像は本文と無関係です)

方々で報道されているようですが、ひとつリンクしておきます。(ベトナム語です)

店内の様子や摘発の模様など画像が豊富で、ホーチミンのビアオムを覗いたご経験の無い方々には、どんな場所なのかご参考になるでしょう。

続きを読む 【ホーチミン風俗】ビアオムが次々に摘発くらう

ホーチミンのローカル向けピンサロで

今回紹介いたしますのはD様のベトナム風俗体験談。舞台はホーチミンのローカル地区にあるピンサロです。

ベトナムの美女

◎雰囲気が妖しい

このお店、夕方近くになるとピンクのネオンで、とても妖しい雰囲気になっています。

この日はとりあえず行ってみようという感じで、入ろうかと躊躇していると、お店から「OKかな?」と思えるおねーさんが外へ出てきたので店に入りました。

値段と内容確認(ハンドジョブ?、ブロウジョブ?)をしても、相手は「20万ドン。マッサージ45分。」としか言ってきませんでした。このような面からも警察を警戒していることが分かります。

 

続きを読む ホーチミンのローカル向けピンサロで

【ホーチミン】ひとり飯のおすすめスポットは此処

オトコの【ひとり飯】シリーズ。今回はホーチミンです。日本人街とパッカー街から厳選して紹介を。

 

≪追記≫この記事で紹介した1軒目はクローズにつき削除済

 

◎同じPHOでも此処は格別

ホーチミンを訪れた際には、フォーとバインミー(バゲットのサンドイッチ)を欠かしたことの無い私。

ベトナム料理の代表格フォーは、何処で食べてもハズレがほぼ無くて、ありがたい存在です。

なかでも「また食べたい!」と感じさせてくれた、(実際、すでに3回リピートしています)PHOの名店が、パッカー街の外れにあります。

PHO-Hochiminh

ファングーラオ通りとĐỗ Quang Đẩu通りの角。早朝でも営業しています。ロンリープラネットあたりに掲載されているのか、白人客比率が高い店で旅行者慣れしています。

現地日本語誌のPHO特集や「地球の歩き方」で紹介されている他の名店にも行きましたが、味もボリュームも全然負けていません。

私が気にいっている点は、トッピングするモヤシが湯通しされていること。生モヤシだと、舌触りも生臭さもマイナスかと。

ついでに、この店と隣店の境で屋台販売しているバインミーも絶品です。この界隈で、過去4ケ所のバインミーを食べた結果、此処が一番だと断言いたします。


にほんブログ村

【ホーチミンの関連ページ】

セクシー系レストランが摘発くらった

バックパッカー街のマッサージ呼び込み

オトコの夜遊びガイド「ホーチミン編」