カテゴリー別アーカイブ: マニラ

【バコロド】別れ際の印象が今も残るフィリピーナ

アジアナイトウォーカーとしてのキャリアは丸8年近くなりますが、なかでも2014年が、思い出深い尾根遺産たちと何人も出会えた、いわば“当たり年”でした。

今回のリバイバル記事は、2014年8月。

フィリピンのバコロドで夜遊び開拓を試み、最終夜に出会った“半素人”さんのお話しです。

バコロドのgoldenfield

 

続きを読む 【バコロド】別れ際の印象が今も残るフィリピーナ

【セブ島】ディスコで拾ったあと、まさかの2連戦

今回のリバイバル記事、舞台はセブ島。「反省をこめて」転載後に今の所感を。2011年11月、私自身の体験です。

 

◎釣り上げたフィリピーナは

セブ島のディスコ

セブ島のディスコで拾った、24歳のKちゃん。トレドの出身、2歳の娘がいます。

セブのビキニバーで働き始めて間もなく、ひとりの日本人に見染められ、カレの願いで仕事を止め、専属の愛人に。

3ケ月に一度くらいのペースでセブに来るカレを信じていたのに、妊娠7ケ月目に突如として音信不通に。

中絶を禁ずるカトリックですし、7ケ月目では中絶したくても遅すぎます。

かくして子持ちとなったKちゃんは、養育費を稼ぐために【フィッシング】せざるを得ない状況なわけです。

続きを読む 【セブ島】ディスコで拾ったあと、まさかの2連戦

【マニラ】影響はアンヘレスよりも、むしろ

今月初めのことですが、フィリピンの、あの“お騒がせ”な大統領ドゥテルテ氏が、議会等の反対を押し切り国立大学の授業料無償化に踏み切りました。

 

◎予想される事態

それが夜遊びと関係あるの?と思われる方もいらっしゃるでしょうね。

アンヘレスのブログを書いていらっしゃるワリスティンティン様が、既にこの件にも触れていらっしゃいましたが、GOGOの働き手が減少する可能性が高いのでは、と。

マニラの夜遊びスポット

 

続きを読む 【マニラ】影響はアンヘレスよりも、むしろ

本気で愛したフィリピーナ

今回はかつて私がマジ惚れした、フィリピンの女子大生のお話し。

 

◎旧ブログでも内緒でしたが

実は彼女とはフィリピンで3ケ月半の間、週末同棲をしていました。

その娘は夜間、ウェイトレスのバイトをしながら学ぶ苦学生でした。

親戚宅に寄宿していたので、私の部屋に泊まれるのは週末のみ。

マニラのjeepney

 

続きを読む 本気で愛したフィリピーナ

世界の美女TOP100の2位はフィリピーナ

毎年恒例の「世界で最も美しい顔100人」。

最新版では、石原さとみが日本人最上位。他に桐谷美玲とぱるる。

韓国だけでなく中国勢も躍進が目立つなか、第2位に輝いたのはフィリピーナ

続きを読む 世界の美女TOP100の2位はフィリピーナ

【マニラ】ヌキがセットのマッサージ

オトコの夜遊びガイド「マニラ編」の調査で、まらむ様から頂いた情報で訪れたのは、ツーリスト・ベルトにある某マッサージ店。

HJがセットになったパッケージがある、と。

マニラ湾沿い

◎潜入

受付でパッケージ料金P1300を支払います。

80分でマッサ+手コキなら、悪くないかと。

続きを読む 【マニラ】ヌキがセットのマッサージ

【マニラ】搭乗の4時間前には空港へ!

愛煙家でありカジノ好きだった私ゆえ、マニラ遠征時の投宿先は大抵、マカティではなくマラテ&エルミタです。

マニラのエルミタ

◎フィリピン全土が禁煙?

しかし、フィリピン全土がマカティ同様、禁煙になるとは・・・・新大統領、恐るべし!私はもうマニラには行かないかも (涙

Yahoo記事へのリンクです

そう思ってしまう理由がもうひとつ。

 

続きを読む 【マニラ】搭乗の4時間前には空港へ!

【マニラ】10年ひと昔、を実感

オトコの夜遊びガイド」は現在、11都市をカバーしておりますが、スラバヤとジョグジャカルタの2ケ所は人件費抜きだとしても大赤字なので、今後の改訂は予定しておりません。

マニラも採算的には全く合わないので改訂を躊躇していたのですが、マイルで席が取れたので久々の遠征。

マニラ編イメージ

◎回想マカティ

私が足繁くマニラに通い出したのは2003年のこと。

エドコンやブルゴスのGOGOの雰囲気は今も当時とさほど変わりませんが、ブルゴスの入口にあった「新宿ラーメン」がすでに無いのは寂寥感が。

タクシーで「新宿ラーメン」に乗り付けて、腹ごしらえして、さぁ出撃! だったのに。

マカティのイリュージョン

マカティの高級店「イリュージョン」がクローズしていたのにも寂しさが。

 

続きを読む 【マニラ】10年ひと昔、を実感

フィリピンの「ロディー作戦」強化?

親中国、という点で日本でも報じられている、フィリピンの新しい大統領ドゥテルテ氏。

 

◎どんな御仁?

過激な発言で物議を醸しだしていますが、この御仁、ダバオ市長を20年間務めた間に「屋外禁煙」「深夜1時以降の禁酒」を導入。

夜遊び的にもダバオをつまらなくした張本人。

スラバヤの女性市長と同系です。

で、このダバオでの実績をフィリピン全土にも、という方針なのだそう。

続きを読む フィリピンの「ロディー作戦」強化?