タグ別アーカイブ: インドネシア

ブログ10年目になりましたが

2010年にスタートした「アジアの尾根遺産」と「オトコの夜遊びガイド」シリーズ。仮・引退状態ではございますが、おかげさまで10年目に突入いたします。

毎年この時期には、これまでお世話になりました方々に御礼を申し上げて参りました。

しかしそれも今回が最後になりそうです。

スタート間もない頃、「10年続けられたら、スゴいよなぁ~」と夢見ておりました。その10年という節目を仮・引退で迎えたので、嬉しさはありませんが、ある種の達成感はあります。

numbers

 

続きを読む ブログ10年目になりましたが

【ジャカルタ】空港鉄道とスカイトレインのその後

開通前から不安視する記事を書いた、ジャカルタの空港鉄道。

東洋経済オンラインに、最近の状況などに関してのレポートがありました。

単に現状を伝えるにとどまらず、記者がインドネシアに非常に造詣が深いことを感じさせてくれます。

ジャカルタのスカイトレイン

続きを読む 【ジャカルタ】空港鉄道とスカイトレインのその後

2019ラマダンのジャカルタはどうなる?

まもなく今年もまた断食期間(ラマダン)になります。

ラマダンの前は悪徳警官が以前のように、外国人に難癖をつけて小遣い(ノルマ?)稼ぎをする可能性が高くなると考えられます。

この時期にジャカルタ入りをされる皆さま、現地にご駐在の皆さま、どうかお気を付けください。

*悪徳警官対策については、記事の末尾にいくつかリンクを貼っておきます。

モスク

さて、お馴染み磯仁様から最新のジャカルタ情報をいただきました。

 

続きを読む 2019ラマダンのジャカルタはどうなる?

タイのライオン・エアはひと味ちがう?

先週もまた、インドネシア・カリマンタンの空港でオーバーランを起こしたライオン・エア。乗客に怪我はなかったようですが。

一方、今月と来月、タイ・ライオン・エアが日本各地とバンコクを結ぶ路線を次々とスタートしています。

ライオン・エア

続きを読む タイのライオン・エアはひと味ちがう?

最近のシアヌークビルは

カンボジアでは貴重なビーチ・リゾート地がシアヌークビルです。

ここ数年は中華系資本が次々と投入されて、以前の面影がすっかりなくなった、とも聞いていました。

今回はお馴染みWFR様が、シハヌークビルとクアラルンプールの現況をかいつまんでレポートしてくださいました。

カンボジアのシアヌークビル

続きを読む 最近のシアヌークビルは

【ジャカルタ】今まで避けてきたものに挑戦(その3)

今回はH様のジャカルタ体験談です。昨年夏のレポートに続いて、アングラ風俗への潜入に挑戦されました。

ジャカルタの高層ビル

◎それは8年以上前

何年前だったか忘れたが、ジャカルタでアジアナイトウォーカーさんと待ち合せて、suka nona dong!様と一緒に夜の風俗店調査にインドネシア人ドライバーの案内で連れて行ってもらったのがずっと記憶に引っかかっていた。(管理人注:2010年11月)

当時、まだマンガブサル方面しか知らないのに、かなり遠くまで出かけていき、たどり着いたのがどこかのトランス・ジャカルタのバス停近くの、キラキラネオンの輝く世界(Dunia Gemerlap略してdugem)。

店の前では多数の尾根遺産が座っていた。しかし、ドライバーに「地元の人間でも危ないから、その店に行くのはやめたほうがいい」と忠告され、直接店に入るのを断念。しかし、心の中では「いつかいってやるぞ」という気持ちが残った。

続きを読む 【ジャカルタ】今まで避けてきたものに挑戦(その3)

【世界の美女TOP100】今年の注目株

読者の皆さま、明けましておめでとうございます。

仮・引退をした身ではありますが、今年はまだ当サイトは継続して参りますので引き続きよろしくお願い申し上げます。

さて、毎年日本でだけ注目されている(?)、世界の美しい顔TOP100ランキング。その2018版が暮れに発表されていました。

当ブログでは当然ながら、アジアの尾根遺産たちにフォーカスしているので、欧米美女はアウト・オブ・眼中です。

続きを読む 【世界の美女TOP100】今年の注目株

【ジャカルタ】クラパ・ガディンの新顔SPA

ジャカルタのクラパ・ガディン(Kelapa Gading)といえば、ご駐在の方々も多くお住まいのエリアです。

そのクラパ・ガディンで、エロありSPAを開拓してくださったO様のレポートです。

ジャカルタのSPA-SUMO

ナイトウォーカー様、ありがとうございました。「オトコの夜遊びガイド」、大変役に立ちました。

クラパ・ガディン周辺についてご報告いたします。

続きを読む 【ジャカルタ】クラパ・ガディンの新顔SPA

【バリ島サヌール】恥ずかしい邦人団体客

前回に続き、U様のバリ島サヌール置屋レポートです。

bali-1807464_640

◎別の置屋では

その他は◎◎Xに2回、21時頃いってきたんですが、他の客も多くて鈴なりになって金魚鉢を見ている状態ですし、車の出入も非常に多いので、こちらは特に怖さ感じませんでした。

日本人数名の団体もみかけましたが、「バリ島最終日やーっ!!はっちゃけるでー」と大声で騒ぐのは、同じ日本人としてちょっと止めてほしかった。

初めていくには◎◎X、いいところですね。ガイド曰く、バリ島の人には一番評判がいいそうです。

*「オトコの夜遊びガイド:バリ島編」現行版の21Pに収録の置屋です。

続きを読む 【バリ島サヌール】恥ずかしい邦人団体客

世界のセックス☆ツーリズム、その実態

私がジョグジャカルタを3度も訪れながら、全く観光していないように、全世界には観光がメインではないセックス・ツーリズムを楽しむ人々がいます。

1年間でどれくらいの人数になると思いますか?

続きを読む 世界のセックス☆ツーリズム、その実態