タグ別アーカイブ: 体験談

【マニラ】エドコンにも時代の波?

今回は「オトコの夜遊びガイド」のご購入者Y2様からいただいたマニラの体験談です。

マニラ風俗の登竜門EDSAコンプレックス(エドコン)にも変化が訪れたようです。

マニラのビル群と夕陽

続きを読む 【マニラ】エドコンにも時代の波?

【シドニー】置屋の店内にATM

今回はお馴染みY様の体験談です。舞台はオーストラリア・シドニーです。

シドニー

久しぶりにシドニーに行ったのですが、事前調査で「置屋があり」「合法で」「Google Mapで検索できる」ということで、友人と一緒に行ってきました。

続きを読む 【シドニー】置屋の店内にATM

【ホーチミン】日本語サイトに情報のない店

今回はD様のホーチミン体験談です。

舞台となるお店はディエン・ビエン・フーにあります。

ホーチミン女性

某動画配信サイトで見かけた店が、まだ実際に営業しているか確認に行きました。

おそらく情報は日本語サイトでは出ていないと思います。英語では情報があります。

 

続きを読む 【ホーチミン】日本語サイトに情報のない店

【ジャカルタ】今まで避けてきたものに挑戦(その3)

今回はH様のジャカルタ体験談です。昨年夏のレポートに続いて、アングラ風俗への潜入に挑戦されました。

ジャカルタの高層ビル

◎それは8年以上前

何年前だったか忘れたが、ジャカルタでアジアナイトウォーカーさんと待ち合せて、suka nona dong!様と一緒に夜の風俗店調査にインドネシア人ドライバーの案内で連れて行ってもらったのがずっと記憶に引っかかっていた。(管理人注:2010年11月)

当時、まだマンガブサル方面しか知らないのに、かなり遠くまで出かけていき、たどり着いたのがどこかのトランス・ジャカルタのバス停近くの、キラキラネオンの輝く世界(Dunia Gemerlap略してdugem)。

店の前では多数の尾根遺産が座っていた。しかし、ドライバーに「地元の人間でも危ないから、その店に行くのはやめたほうがいい」と忠告され、直接店に入るのを断念。しかし、心の中では「いつかいってやるぞ」という気持ちが残った。

続きを読む 【ジャカルタ】今まで避けてきたものに挑戦(その3)

【バリ島サヌール】恥ずかしい邦人団体客

前回に続き、U様のバリ島サヌール置屋レポートです。

bali-1807464_640

◎別の置屋では

その他は◎◎Xに2回、21時頃いってきたんですが、他の客も多くて鈴なりになって金魚鉢を見ている状態ですし、車の出入も非常に多いので、こちらは特に怖さ感じませんでした。

日本人数名の団体もみかけましたが、「バリ島最終日やーっ!!はっちゃけるでー」と大声で騒ぐのは、同じ日本人としてちょっと止めてほしかった。

初めていくには◎◎X、いいところですね。ガイド曰く、バリ島の人には一番評判がいいそうです。

*「オトコの夜遊びガイド:バリ島編」現行版の21Pに収録の置屋です。

続きを読む 【バリ島サヌール】恥ずかしい邦人団体客

【ご報告】ナイトウォーカーを仮・引退いたします

この半年ほど、ブログのアーカイブ化をはじめとして、アジアナイトウォーカー引退後に向けて諸々の準備をして参りました。

これまで私は基本、在宅ワーカーでしたので、時間を自由に使えるメリットを最大限に活かして東南アジア各地に出向いて参りました。

しかし諸般の事情により、サラリーマンに戻ることになりました。それも、海外出張の無い仕事に。

必然的に今後、アジアナイトウォーカーとして方々に遠征することが難しくなります。

night-moon

続きを読む 【ご報告】ナイトウォーカーを仮・引退いたします

カリマンタンで女子大生をフィッシング

今回はお久しぶりのHJ様による、カリマンタンの体験談です。

ちなみにインドネシア語で「カリマンタン」はボルネオ島全土を指しますが、英語ではボルネオ島のインドネシア領地域を表しています。

カリマンタン島といえば、オランウータンのイメージしか湧かないので、美女とは結びつかないのですが、実はマジ、めっちゃ美形な女子大生の実物画像も頂戴しております。

カリマンタン

続きを読む カリマンタンで女子大生をフィッシング

ナイトウォーカー誕生秘話?スラウェシ道待娘

前回、スンダ娘と同様、スラウェシ娘も好き、と書きました。

そもそも8年半ほど前、私がアジアナイトウォーカーとしてデビューできたのは、一人のスラウェシ道待娘との出会いがあったからこそ、でした。

当時をご存じない読者様向けに、今回はアジアナイトウォーカー誕生までのいきさつ&思い出話を。

シンガポール夜景

続きを読む ナイトウォーカー誕生秘話?スラウェシ道待娘