タグ別アーカイブ: 尾根遺産

南の島が恋しくなると

日本の、しかも寒いエリアに住む身ですと、冬の寒さを感じると同時に、南国の暖かさや薄着の尾根遺産が恋しくなるものです。(私だけ?)

今回のリバイバル記事は2012年1月の私自身の【妄想記事】で、名作ドラマ「北の国から」のオマージュ?です。

倉本先生、ごめんなさい。尚、画像はすべて著作権フリーサイトのものです。

 

拝啓 ケイコちゃん、お元気ですか。

ボクは今、出張でインドネシアに来ています。

続きを読む 南の島が恋しくなると

【ホーチミン】ローカル風俗にチャレンジ

前回ホーチミンに行ったとき、これまで未挑戦だったローカル風俗にチャレンジしてみました。

「怪しげなピンクネオンのお店がある」

ホーチミンの秘密マッサージ

D様から頂いた情報を頼りに訪れたのは、これまで足を踏み入れていないエリア。

続きを読む 【ホーチミン】ローカル風俗にチャレンジ

【クアラルンプール】再掲:ジャマイカ娘との出会い

今回のリバイバル記事はクアラルンプール

2010年10月の記事です。私にとって人生初の黒人体験ゆえ、非常に印象深い出来事でした。

クアラルンプールのビーチクラブ

 

続きを読む 【クアラルンプール】再掲:ジャマイカ娘との出会い

【道待娘】と命名したゲイランの思い出

私が記事内で“道待娘”と表記するのは、最近の読者様でもご承知かと存じます。

今回のリバイバル記事は2010年6月のシンガポール・ゲイラン

このとき初めて“道待娘”という私の造語が世に出たわけですが、なぜ造語にしたのか?

私の道待娘愛ゆえのこだわりがありました。

アジアナイトウォーカー誕生翌月の記事です。当時の2記事を削除して再編集しました。文中画像は実物道待娘です。(7年前ですが)

シンガポールのゲイラン地区
シンガポールのゲイラン地区

 

続きを読む 【道待娘】と命名したゲイランの思い出

【クアラルンプール】正男氏もビーチクラブに!

臨時更新です。

昨夜、どこかのニュースで聞いて「もしや?!」と思っていました。

正男氏が、東南アジアの尾根遺産たちが集まるBARに出入りしていた、と。

先ほどTBS系NEWS23で、案の定、ビーチクラブの店内で取材していました。

クアラルンプールのビーチクラブ
かつてのビーチクラブです

店名は出していませんでしたが、お客を待つ尾根遺産たちの姿もボカしながら伝えていました。

インタビューを受けた店の関係者は「何度も来店していた」「女性2名を連れて来ていた」と答えていました。

日本でもかねてより一部の人々から「俺たちの正男」みたいに支持者?もいたようですが、私も親近感がわきました。今更ですが。


にほんブログ村

【クアラルンプール関連記事】

老舗SPAがクローズした模様

ひとり飯に絶好な雑居ビル

ブキッビンタンでひとり飯

本気で愛したフィリピーナ

今回はかつて私がマジ惚れした、フィリピンの女子大生のお話し。

 

◎旧ブログでも内緒でしたが

実は彼女とはフィリピンで3ケ月半の間、週末同棲をしていました。

その娘は夜間、ウェイトレスのバイトをしながら学ぶ苦学生でした。

親戚宅に寄宿していたので、私の部屋に泊まれるのは週末のみ。

マニラのjeepney

 

続きを読む 本気で愛したフィリピーナ

【ビエンチャン】現地娘よりベトナム娘?

これまで2度にわたりUPしました、磯仁様のラオス/ビエンチャンの体験談、その続きです。

 

◎ビエンチャン・プラザH

トゥクトゥクで市内中心部からは20,000K~30,000Kと言われましたが、交渉したら15,000Kで行けました。

ビエンチャンのホテル

  • 営業時間 AM11:00-深夜AM02:00
  • ベトナム娘 25人在籍
  • マッサージ 40分80,000K~60分160,000K
  • ★番は要交渉 50$又は400,000K~

続きを読む 【ビエンチャン】現地娘よりベトナム娘?

【ホーチミン】生き残ったビアオムだけど

ホーチミンの外国人向けビアオム(ビリヤードBAR)が軒並み姿を消して以降も、孤軍奮闘?している「29」

磯仁様が久々に訪問されたところ、値上げしたうえ、相変わらずのガメつさ。更にはとんだハプニングまで・・・

続きを読む 【ホーチミン】生き残ったビアオムだけど