タグ別アーカイブ: 置屋

ペナン島の風俗最新事情。トルコ尾根遺産も和娘も

マレーシア/ペナン島の風俗に関しては昨年春、磯仁様やだるまわんさ様から立て続けにレポートを頂戴しました。

その記事のひとつで紹介しました、ロシア系のいるアパート置屋オーロラコートは摘発されてしまったそうです。このブログでは一部伏字にして、公安に配慮したのですが・・・

今回はだるまわんさ様から頂戴しました、ペナン島夜遊びの最新事情です。画像もすべてだるまわんさ様から頂戴いたしました。

ペナン島pekingホテル

 

続きを読む ペナン島の風俗最新事情。トルコ尾根遺産も和娘も

≪ロシアW杯≫ポーランドの不振は夜遊びのせい?

いやぁ~~、盛り上がってますね、ワールドカップ。

普段からサッカー関連サイトのチェックも欠かさない私。正直なところ今回は「良くて1分け2敗」と予想しておりました。

世界のサッカー事情や動向に詳しい人ほど、今回は惨敗を覚悟していたと思います。そして、欧州予選もチェックしているような方々であれば、ポーランドの不振ぶりはまさに「想定外」かと。

woman-poland

(画像はポーランド美女)

今日もあちらこちらのサッカー関連サイトをサーフィンしていたなかで、気になる記事を見つけました。

ポーランドの選手たち、夜遊び三昧だったというのです。

 

続きを読む ≪ロシアW杯≫ポーランドの不振は夜遊びのせい?

【ジャカルタ】トラベル至近にユニークな和食処が登場

ジャカルタ/ロカサリ界隈の和食処といえば、鉄道マンガブサル駅横のファミリーマート&吉野家(過去記事はこちら)、焼うどんが美味しいロカサリ・スクウェア内のレストラン(過去記事はこちら)を紹介してきました。

ジャカルタの吉野家

今回のジャカルタ遠征で、ナイトウォークしていて発見したのが、さつま揚げや寿司・揚げ物のお店です。

 

続きを読む 【ジャカルタ】トラベル至近にユニークな和食処が登場

【ジャカルタ】夜遊びスポット閉店情報あれこれ

◎まずインフォメーション

インドネシア遠征から戻りました。バリ島とジャカルタ(チカラン含む)を回りました。

今月末までを目途に「オトコの夜遊びガイド」シリーズのバリ島編ジャカルタ基礎編ジャカルタ応用編チカラン&ブカシ編を順次、改訂いたします。

≪追記≫5/24現在、すべて改訂版をリリース済です。

ジャカルタのエキゾティック

◎エキゾティックはクローズ

まず1ケ所目は、ディスコ「エキゾティック」。

2店あるうち、マンガブサル大通りの支店は無事なのでは?と過去記事で書きましたが、行ってみたら閉鎖されていました。

でもなぜか、未だに守衛はいましたが。

 

続きを読む 【ジャカルタ】夜遊びスポット閉店情報あれこれ

インドネシアの7大【置屋街】とは?動画紹介

「オトコの夜遊びガイド」に収録している動画を管理しようとYouTubeにアクセスしていたら、面白そうな動画を発見しました。

7 L0kalisasi Paling Terkenal Di Indonesia

表題は「インドネシアの7大置屋街」みたいなもの。

ジャカルタの置屋街カリジョド

続きを読む インドネシアの7大【置屋街】とは?動画紹介

【ジョグジャカルタ】置屋で発見した“上玉”とは

今回はジョグジャカルタの置屋での、私自身のエピソード。もう1年近く前の話になったので、そろそろブログに書いてもいいかな、と。

ジョグジャカルタの寺

続きを読む 【ジョグジャカルタ】置屋で発見した“上玉”とは

【バリ島】北部ブンクランの置屋にいたのは

バリ島の南北格差を解消すべく、北部の海上に新空港を作る計画があるそうです。

バリ島ロビナの海岸

バリ島北部のシガラジャやロビナに以前遠征しましたが、タクシーさえ無いのが現状。最初の遠征はガイド氏の車で。2度目はサヌールからバイクをレンタルして行きました。

かつてシガラジャのブンクラン村には、サヌール以上の一大置屋街がありました。今回のリバイバル記事は、そのブンクラン探査時のもの。

2013年5月に有料記事としていた内容と動画を公開いたします。

続きを読む 【バリ島】北部ブンクランの置屋にいたのは

【香港】旅行者が行きやすい尖沙咀の141で

香港風俗の代名詞ともいえる141。

当サイトでは磯仁様がすでに2ケ所の141について、行き方を画像つきでレポートして下さいました。

香港:雑居ビルの風俗にチャレンジ

雑居ビルにはロシア系風俗嬢も

香港のビル6

そこで私は、過去記事とは別の141に行ってみました。場所は香港旅行で多くの同朋が訪れるであろう、尖沙咀(チムサーチョイ)です。

 

続きを読む 【香港】旅行者が行きやすい尖沙咀の141で

ロンボク島のカフェチェウェにいたスンバワ娘

前回の続きで、4年前のロンボク島風俗開拓記です。

ロンボク島の少女

*翌朝、撮影に再訪した際、近くにいた子供らが外人オヤジに気後れもせずニコニコ寄ってきて「Kami, foto」(私たちを撮って!)と。ロンボク島のササッ人って、こんな風貌です

 

◎路地の奥にあったカフェ・チェウェ

 

続きを読む ロンボク島のカフェチェウェにいたスンバワ娘