タグ別アーカイブ: 風俗

【ジャカルタ】今まで避けてきたものに挑戦(その3)

今回はH様のジャカルタ体験談です。昨年夏のレポートに続いて、アングラ風俗への潜入に挑戦されました。

ジャカルタの高層ビル

◎それは8年以上前

何年前だったか忘れたが、ジャカルタでアジアナイトウォーカーさんと待ち合せて、suka nona dong!様と一緒に夜の風俗店調査にインドネシア人ドライバーの案内で連れて行ってもらったのがずっと記憶に引っかかっていた。(管理人注:2010年11月)

当時、まだマンガブサル方面しか知らないのに、かなり遠くまで出かけていき、たどり着いたのがどこかのトランス・ジャカルタのバス停近くの、キラキラネオンの輝く世界(Dunia Gemerlap略してdugem)。

店の前では多数の尾根遺産が座っていた。しかし、ドライバーに「地元の人間でも危ないから、その店に行くのはやめたほうがいい」と忠告され、直接店に入るのを断念。しかし、心の中では「いつかいってやるぞ」という気持ちが残った。

続きを読む 【ジャカルタ】今まで避けてきたものに挑戦(その3)

【ヤンゴン】大晦日のエンペラー

大晦日の晩、コメント欄にクチンの記事に関するお問い合わせがあり、レポ主の磯仁様に連絡をとってみたら、ヤンゴンで年越しをしていらっしゃいました。

そのときのメールで、かいつまんでヤンゴン・エンペラーの大晦日の様子を教えていただきました。

ディスコ・エンペラー・ヤンゴン

続きを読む 【ヤンゴン】大晦日のエンペラー

【ジャカルタ】クラパ・ガディンの新顔SPA

ジャカルタのクラパ・ガディン(Kelapa Gading)といえば、ご駐在の方々も多くお住まいのエリアです。

そのクラパ・ガディンで、エロありSPAを開拓してくださったO様のレポートです。

ジャカルタのSPA-SUMO

ナイトウォーカー様、ありがとうございました。「オトコの夜遊びガイド」、大変役に立ちました。

クラパ・ガディン周辺についてご報告いたします。

続きを読む 【ジャカルタ】クラパ・ガディンの新顔SPA

【バリ島サヌール】恥ずかしい邦人団体客

前回に続き、U様のバリ島サヌール置屋レポートです。

bali-1807464_640

◎別の置屋では

その他は◎◎Xに2回、21時頃いってきたんですが、他の客も多くて鈴なりになって金魚鉢を見ている状態ですし、車の出入も非常に多いので、こちらは特に怖さ感じませんでした。

日本人数名の団体もみかけましたが、「バリ島最終日やーっ!!はっちゃけるでー」と大声で騒ぐのは、同じ日本人としてちょっと止めてほしかった。

初めていくには◎◎X、いいところですね。ガイド曰く、バリ島の人には一番評判がいいそうです。

*「オトコの夜遊びガイド:バリ島編」現行版の21Pに収録の置屋です。

続きを読む 【バリ島サヌール】恥ずかしい邦人団体客

【バリ島サヌール】ツリガネ巨乳の尾根遺産

今回ご投稿をお寄せくださったのは、昨年ホーチミンの置屋(床屋)の夜逃げ(実は摘発)をレポートくださったU様です。

バリ島サヌールで方々の置屋を巡られたそうで、今回は前半部分をアップいたします。

バリ島サヌール

続きを読む 【バリ島サヌール】ツリガネ巨乳の尾根遺産

ジャカルタ空港鉄道のその後

スカルノハッタ空港とジャカルタの中心部を結ぶ空港鉄道が開通して、まもなく1年になりますね。

先月のジャカルタ新聞の記事によれば、案の定と申すべきか、乗車率は3割に満たないようです。

スカルノハッタ空港

続きを読む ジャカルタ空港鉄道のその後

世界のセックス☆ツーリズム、その実態

私がジョグジャカルタを3度も訪れながら、全く観光していないように、全世界には観光がメインではないセックス・ツーリズムを楽しむ人々がいます。

1年間でどれくらいの人数になると思いますか?

続きを読む 世界のセックス☆ツーリズム、その実態

【ジャカルタ】アノ最中、耳元で囁き続ける尾根遺産

これまでにいったい、何百人の尾根遺産と対戦してきたか。

200名を越えたあたりからもう、数えることもしなくなりましたが、そのなかでも名器だったり、プレイが印象的だった尾根遺産は、記憶が鮮明に残っています。

そのうちの1人が、ジャカルタ/コタにかつてあった置屋BAR「SUPER」で出会った尾根遺産。

すでに7年半も前の対戦相手で、置屋自体が潰れて久しいのですが、プレイ中の囁き方は、私にとって今も唯一無二です。

ジャカルタのsuper

続きを読む 【ジャカルタ】アノ最中、耳元で囁き続ける尾根遺産

ナイトウォーカー誕生秘話?スラウェシ道待娘

前回、スンダ娘と同様、スラウェシ娘も好き、と書きました。

そもそも8年半ほど前、私がアジアナイトウォーカーとしてデビューできたのは、一人のスラウェシ道待娘との出会いがあったからこそ、でした。

当時をご存じない読者様向けに、今回はアジアナイトウォーカー誕生までのいきさつ&思い出話を。

シンガポール夜景

続きを読む ナイトウォーカー誕生秘話?スラウェシ道待娘

男の夢?【裸エプロン】インドネシア版

摘発という暗~~い記事の次なので、ちょっと箸休めを。

今の若い人たちはご存じないかもしれません。

新妻に(あるいはGFに)、エプロン1枚まとっただけの姿で、台所に立ってもらう。

この【裸エプロン】が男の夢、と若かりし頃に何かで読みました。

たまたま見つけた、インドネシアの動画シリーズの一部なんですが、まさにこの「オトコの夢」を具現化?してくれています。

もちろんインドネシアですから、全裸にエプロンではありませんが、イスラム圏にあるまじき?ブラ一丁でキッチンに立つ美人女優が、色白な巨乳をユッサユサ!

 

続きを読む 男の夢?【裸エプロン】インドネシア版