タグ別アーカイブ: BAR

【シンガポール】ウクライナ美女がポールダンス

世界に冠たる美女大国、といえばどこを思い浮かべるでしょうか。

ベネズエラとかコロンビアなど、ミスコンの強豪国もありますが、ウクライナを想起される方々も多いでしょう。

東南アジアで「ロシア系とデキる風俗」といえば、マカオやジャカルタの一部SPAとかバンコクの限られたエリア、最近の記事では香港の141くらいでしょうか。

今回のリバイバル記事はシンガポール

ウクライナ美女軍団が踊る、連れ出しBARの潜入記です。2013年9月に、旧ブログの有料記事としていたものを動画つきで公開します。

オーチャード・タワー

続きを読む 【シンガポール】ウクライナ美女がポールダンス

【香港】遠征の目玉になるはずだったBAR

前回に続いて、香港(湾仔:ワンチャイ)のお話。今回の香港遠征で、第一目的地としていた店もファランの遊び場:湾仔にありました。

香港の湾仔4

前回記事のLockhart Roadとは、MTR湾仔駅の反対側。そのBARの名は「Ophelia(オフィーリア)」。

 

続きを読む 【香港】遠征の目玉になるはずだったBAR

【香港】フィリピーナばっかりいる夜遊びエリア

香港の湾仔(ワンチャイ)というエリアが、どんな場所かご存じでしょうか?

香港の湾仔

まず某サイトにあった説明の一部を引用します。

植民地時代にはたくさんの英国兵、米国兵が遊ぶ場所として栄え、「スージーウォンの世界」というウィリアム・ホールデン主演で映画化された小説の舞台にもなりました。

今もその当時のイメージを色濃く残しており、トップレスバーも軒を並べているのが特徴です。今でも米軍の船が香港に寄港するときは、たくさんの若い兵隊が湾仔の通りに溢れます。

ほぉ~、これは行ってみなければ、と思った次第。

 

続きを読む 【香港】フィリピーナばっかりいる夜遊びエリア

【バコロド】別れ際の印象が今も残るフィリピーナ

アジアナイトウォーカーとしてのキャリアは丸8年近くなりますが、なかでも2014年が、思い出深い尾根遺産たちと何人も出会えた、いわば“当たり年”でした。

今回のリバイバル記事は、2014年8月。

フィリピンのバコロドで夜遊び開拓を試み、最終夜に出会った“半素人”さんのお話しです。

バコロドのgoldenfield

 

続きを読む 【バコロド】別れ際の印象が今も残るフィリピーナ

【プノンペン】和食不毛地帯に新店登場

和食処自体は、イオン内をはじめとして市内南部に多数あるプノンペンですが、夜遊びエリアに関しては吉野家の撤退後、和食不毛地帯でした。

そこに新店が続々と登場しています。

続きを読む 【プノンペン】和食不毛地帯に新店登場

フィリピン女性

【アンヘレス】メインストリートのBARで母乳プレイ?

磯仁様のフィリピン:アンヘレス体験談、今回はフィールズ界隈です。

フィリピン女性

この界隈のお店は総じて高めで、3,000ペソのお店が多かったです。日本語を流暢に話す娘もちらほらと居りました。

どこのお店でもこちらが日本人と判ると「チョコレートを持っているか?」とまるで判を押したように言われました。

これも先達の皆さま方のお蔭でしょうか??

とは言え日本人は優しい、安心だというイメージを植え付けて貰えたのには素直に感謝です。

 

◎GECKO’S

続きを読む 【アンヘレス】メインストリートのBARで母乳プレイ?

【アンヘレス】望外の☆器をもった新人ウェイトレス

前回に続き、磯仁様のアンヘレス体験談です。メインエリア以外の界隈を探索してみたら、思わぬ拾いものが・・・

 

◎プリメタ界隈のBARは格安

この界隈は大体がお昼頃から営業を始め、早いお店では何と夜8時に閉店だそう。

平日の昼過ぎに試しにこの界隈をホッピング。

ほとんどのBARではお客の飲み物がサンミゲルライトなら60ペソ又は80ペソと、フィールズ界隈に比べて激安でした。

一本飲んではチェックして、次のBARへと順に覗いて行きます。やはり同好の士も多いようで、先程のBARで見かけたお客が今度は次のBARに現れて、ということもしばしば。

続きを読む 【アンヘレス】望外の☆器をもった新人ウェイトレス

【ホーチミン】客引き娘につかまったBARで

今回の磯仁様レポートはホーチミン

かつて「地球の遊び方」に私が投稿した≪ホーチミンのCafeガール≫の舞台でもある、パッカー街の四つ角。

今回のBARはまさに、クレイジーバッファローがあるその四つ角にありました。

ホーチミンのバーKIMMI

 

続きを読む 【ホーチミン】客引き娘につかまったBARで

【プノンペン】リバーサイドのビアバーで

今回の磯仁様レポートはカンボジア。

プノンペンのビアバー密集地です。

 

◎後ろ髪を引かれて?

夜10時過ぎ、136STをふらふらと歩いていたら、二人組の娘が向こうから歩いてきます。

うち一人の小柄な娘と目が合った途端、その娘がにっこりと微笑んでくれます。

うーん可愛い!その昔「探偵物語」に出ていた頃の「竹★かほり」ソックリです!しかも色が白いし。

プノンペンのBAR群

続きを読む 【プノンペン】リバーサイドのビアバーで

【プノンペン】その後の追加情報

臨時更新いたします。

先ごろプノンペンを再訪された磯仁様から、過去記事で紹介した夜遊びスポットの最新報告と画像を頂きました。

 

◎LDの集まる巨乳ママのBARが閉店

今年7月の記事「巨乳のママと謎の友人たち」で紹介しました Sea World Bar が既にクローズ。

プノンペンの閉店したBAR

プノンペンのBAR連絡先

for sale ですから、一時休業ではありませんね。

過去記事内で「美味しい手羽先」と紹介した焼き鳥店もクローズしたそうです。

続きを読む 【プノンペン】その後の追加情報